神山大(かみやまだい)の日本政治経済新聞
 
点職→転職→展職→店職→添職→典職→天職
 



昨年と違うもの

最近、親孝行はしましたか???

普段、現在の景気状況を「たいしたことはない」と
評してきたが、私の母親にとっては「たいしたこと
がある」と評されていた。

毎年末の恒例なのだが、親孝行で母親の農作業の
手伝いをする。

そのなかで、今年は出荷したものが昨年の
5割以下の落札価格だという。
(市場での取引額であり、スーパーでそこまで
 下がるか否かはわかりませんが)

アメリカ発の不景気は私の身近まで来ていた。

だが、仕方ないことだが、田舎の農家は
昨年と同じだけの出荷を余儀なくされる。

農家なんてそんなものだ。

出荷調整は出来ない、それが農産物(全てではないが)

農業は大事だが、誰かがコペルニクス的展開でもして
大逆転しないと、衰退の一途だと思う。

農家の長男である私が、農家をやる気がないからだ。

そう考えると、道州制は待ち遠しい。

農作物に集約した道を政策的に作り、
そこで農作物をまかなう仕組みを願望する。

農業自給率もはるかに上がると思う。

いかがなものか。



農作業をやったことありますか?


神山大のホームページ
神山大の女性の社会進出を応援するホームページ
神山大のブログ(日本就職活動新聞 2010年度版)



Dec.25(Thu)19:23 | Trackback(0) | Comment(0) | 経 済 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)