神山大(かみやまだい)の日本政治経済新聞
 
点職→転職→展職→店職→添職→典職→天職
 



65歳という年齢の意味するもの

今日はどのあたりかな???

高齢社会である日本。
65歳が人生のターニングポイントと考える
べきだろうか。

先にも述べたが、「高齢」「少子」そして「雇用問題」が今後の課題である。高齢も65歳ではなくこれからは
「70歳」と思った方が良い。何故ならば、年金の
支給開始年齢が恐らく段階的に引き下げられるからだ。
(繰上げ支給制度を維持すれば、減額の上、支給は
 されるだろうが)

ところが、企業内で60歳で元気に働く人でも、
現在の技術についていっている人は少ない。

何せ、60歳をゴールに何十年も働いて、直前に
なってゴールを5年、10年先延ばししたって
もう無理だろう。

企業は30~40歳代の動きで決まると思う。

であるから、50歳代後半から70歳まで
農業にシフトできるように国が整備していくしか
ないと思う。

若いうちは都会で働き、50歳になったら農業に
シフトする。70歳になったら晴れてリタイヤ。

これでいかがだろうか。


人気blogランキング参加中。
何卒よろしくお願い致します。



神山大のホームページ
神山大の女性の社会進出を応援するホームページ
神山大のブログ(日本就職活動新聞 2010年度版)



Jan.7(Wed)13:53 | Trackback(0) | Comment(0) | 経 済 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)