神山大(かみやまだい)の日本政治経済新聞
 
点職→転職→展職→店職→添職→典職→天職
 



事務がしたい

今日はどのあたりかな???

女性の一般職の面接を行うと、何人かの方は、
「事務がしたい」ということを応募理由に挙げられる。
揚げ足取りで申し訳ないが、そういう方は大抵、
落選です。

理由
1)他者と比較できない
2)志望動機があいまい
3)無目的に感じられる

兎に角、10回以上も面接の場で
「事務がしたい」「私には事務が向いている」と
主張されても、こちらは判断できないのだ。

「過去に2年間、エクセルを使いデータを
 処理していました。肝心なものはCSV
方式にして部内20名に配信していました。
 主に販売にかかわるデータでしたので、月次の
 集計時には残業が生じましたが・・・・」

まぁ、こんな具合に具体的に話していただくと、
この人は事務職に向いているかどうかがわかります。

面接官が何を聞きたがっているのかを、イメージ
しながら自分で面接の問答(ロープレ)を作って
行かないと、その時間自体が勿体無いです。

「○○○がしたい」よりも
「○○○ができる」の方が、聞いていてずっと楽です。

御一考あれ。


人気blogランキング参加中。
何卒よろしくお願い致します。



神山大のホームページ
神山大の女性の社会進出を応援するホームページ
神山大のブログ(日本就職活動新聞 2010年度版)



Jan.9(Fri)21:07 | Trackback(0) | Comment(0) | 転 職 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)