神山大(かみやまだい)の日本政治経済新聞
 
点職→転職→展職→店職→添職→典職→天職
 



クライマックスシリーズの影響以上のものがある

セ・リーグの現況が面白い。
昨年優勝したのは巨人でSることなど、すっかり
忘れてしまうくらい、阪神は強かったが。。。

だが、阪神優勝は間違いないと思う。

今季の上位(阪神、巨人、中日)の3チームの中で
阪神のみ巨人、中日に現時点で勝ち越している。

直接対決に強いのだ。

でな、なぜ巨人が肉薄できるのか?

はじめはさっぱり理由がわからなかった。

目を皿のようにしてデータを見てみると、
ようやくわかった。


阪神は交流戦での勝ち越しが6、トータルで26。
巨人は交流戦での勝ち越しが4、トータルで20。
中日は交流戦での勝ち越しが0、トータルで0。

中日に比べ、対セ球団そさることながら
交流戦で貯金4を作っていたのだ。

ちなみに交流戦のみの貯金は、
横浜 : -12
広島 : +2
ヤクルト : -2   である。

現時点で中日と広島は同率3位なのでそこの判断は
難しいが、交流戦で貯金を作ることが、後半戦の
戦いに影響するのは必至だ。

ここまで書いてきたが、結局、阪神のリーグ優勝は
揺るがないということになる。

仮に揺らいだとして、広島とCSシリーズ第1ステージ
で戦った場合、金本・新井・赤松などの動きに注目したい。

この話題は大好きなので、後日、また触れたいと思う。





                     hp



Sep.19(Fri)00:11 | Trackback(0) | Comment(0) | スポーツ | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)