神山大(かみやまだい)の日本政治経済新聞
 
点職→転職→展職→店職→添職→典職→天職
 



メジャーか 日本プロ野球か

ENEOSの党首がMLB行きを希望していると言う。
胸を張って挑戦して欲しい。

日本球界は歯止めをかけようとしている。
「大馬鹿者!」と叱りたい。

いつか本格的に書きたいと思っているが、
新しいプロ野球の構図を考えるべきだ。

趣旨は以下。
1)セ・パ各リーグを6球団から8球団にする。
2)その8球団を東西4球団ずつに分ける。
  (4つのリーグが生まれる)
3)セ対パの交流戦も継続する。
4)シーズン終了後は優勝チームが4チーム生まれる。
5-1)この4チームでトーナメントを行う。
    (セ1位vsパ2位、セ2位vsパ1位を
     3戦先勝方式、各勝者を4戦先勝方式で)
5-2)または各リーグ1位と2位でクライマックス
    シリーズで勝者を決める。

早い話、2球団増やすことを目的としている。

同時に外国人枠もアジア2名、アジア以外2名で
設定し、少なくともアジアの優秀な選手の過半数は
日本で活躍している構図を作る。

すなわち北米vs日本を中心とするアジアという
構図を作る。

四国や北陸に独立リーグもあるし、実業団にも
いい選手がたくさんいる。

そもそも甲子園で高校球児は沢山いる。
野球人口はすさまじい数いる。

従って、努力する点はたった二つ。
①選手の寿命を延ばす。
 (工藤、山本昌、矢野、金本などを見習え)
②選手の発掘に努める。
 (伯楽を球団ではなく球界に全体にご意見番として
  おく。代表格はノムさん。
  渋い人しかわからないだろうが、新井宏昌氏を
  私は推したい。)

最後に吠えておく。
球団は黒字であるべきだが、選手の年俸は1億円以下で
十分である。お金が高くないと野球をしたくない人は、
MLBへ行くべきである。お金など求めない。兎に角、
野球がしたい人の野球が見たい。


                 こちらも見たいhp



Sep.12(Fri)00:57 | Trackback(0) | Comment(0) | スポーツ | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)