神山大(かみやまだい)の日本政治経済新聞
 
点職→転職→展職→店職→添職→典職→天職
 



ガソリン代が物語るもの

ガソリンが高い。

が、この言葉は間違い。
「(先月よりも)高くなった。」が正解。

湾岸戦争以来とかいうが、昔の安い時期・高い時期と比べても
現状の原油高は回避できない。

ところで、ガソリン代とは何だろう。
1)100%輸入と言っていいので、常に「為替相場」と連動。
円高が進めば、その分、安くなる。
2)63%が税金。
3)他国(特に、BRICs)の需要が増す分、日本への輸入高が
下がることは無い。

なので、脱ガソリンのエネルギーがそろそろ開発されるだろ。

さてガソリン代とは、極めて政治(税金)と経済(為替相場)が
入り混じっている。

気付いて欲しいのが石油元売会社が全く”攻撃対象”となって
いないこと。

まるで鉄道会社が、一斉に値段を同じだけ変動させているのと
同じ。では、これらの企業は自由競争でなかったのか・・・。

各社同じだけ値上げは、「おかしい(不思議、ありえない)」
ところが、車に乗る限り、無縁ではない話。

ガソリンが物語っているもの、は何だろう。



Aug.2(Wed)23:12 | Trackback(0) | Comment(0) | 経 済 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)