神山大(かみやまだい)の日本政治経済新聞
 
点職→転職→展職→店職→添職→典職→天職
 



ちょっと、苛立ちますね、、、。

今日はどのあたりかな???

期間雇用者の解雇事案に対しハローワークが
1箇月前倒しで窓口を開くらしい。

いい世の中かだ。

表題に苛立つと記したが、私の仕事の一つが
期間雇用者の契約の確率であった。

派遣労働にするか、直接雇用にするか?

いわゆる偽装派遣の解消だ。

この偽装にかかわっている従業員は、年功者が多い。

確かに、派遣契約の2倍以上の給与が生まれる
仕組みが裏のからくりである。

要は、いい思いをしてきたのだ。

その彼らを「救う」のであれば、もっと救うべき人は
たくさんいる。

マスコミは話題性でニュースソースを決めるが、
決して我々は、100%の真実として受け取っては
いけない。

期間雇用者というものは、期間の終了が決まっている。
その時期が来れば、契約を延長するもしないも当事者次第。

それだけのことだ。

それだけのことなのに、大騒ぎする。

マスコミに、政府に、踊らされないように注意。

自分の目の見える範囲が「事実」なのだから。





年末に向け”本気モード突入”の方、どうぞ


神山大のホームページ
神山大の女性の社会進出を応援するホームページ
神山大のブログ(日本就職活動新聞 2010年度版)



Dec.18(Thu)23:29 | Trackback(0) | Comment(0) | 経 済 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)