神山大(かみやまだい)の日本政治経済新聞
 
点職→転職→展職→店職→添職→典職→天職
 



第3日 展職

お蔭様で12位。感謝、感謝です。


まずは、カテゴリの復習から。


【1.点職】
【2.転職】 ①単なる辞職・就職を繰り返す時期
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【3.展職】
【4.店職】 ②会社で実力を伸ばす時期
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【5.添職】
【6.典職】 ③実力が会社の内外に行き渡る時期
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【7.天職】
       ④最終のステップ。迷いが消える時期
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



【3.展職】
いわゆる転職の王道の状態です。
よくある転職とは「①単なる辞職・就職を繰り返す時期
」を指しています。

ワーキングプアの方も、派遣社員で単純作業ばかり
している人もこの①です。

また、入社2~3年で転職してもこの①の領域から
抜け出せてはいないでしょう。

つまり、外国人労働者が解禁となり意欲が高く
賃金は低くても構わない人が増えたら、一挙に
総入れ替えが起こる層です。

さて、【3.展職】に話を戻します。
展職とは、仕事に自分の実力(スキル)を伸ばして
貰う状態です。

「こんな仕事は俺には(私には)無理だよ」と思う
仕事に挑戦するしかありません。

世の中、これをしない人が多い。勤務時間だけ長くても
何の意味も無い。

そして自学自習の時間が必要。
松下幸之助氏が週休二日制が導入するときに言った
言葉がある。『1日教養、1日休養』だそうだ。

休みが増えても1日は勉強せよということだ。

あなたは勉強していますか?

「最近、いつ、何と言う本を買いましたか?」
に対して帰ってくる回答があなたの出来具合を
示します。

私が部下によくこの質問をしていました。
大概は「ありません」です。

世の中そんなものです。少し頑張ればすぐ上に上がれます。
「この世の中は、数多くの怠け者と、
 数少ない働き者で構成されている」

あるセミナーで、印象に残った言葉です。
「パレートの法則で構成されている」でも意味は
同じですが、上記のほうがしっくり着ます。

また、私はいつも集団をこう分けます。

自然性・・・20%
可燃性・・・60%
不燃性・・・20%

組織で活動する上で、この割合の把握は重要です。
決して不燃性にならないように。

ところで、自然性であるための簡単な方法があります。
1日休養の日に会社に出かけます。ただしパソコンは
一切触りません。

やることはシンプル。
・机、ロッカーの中の不要な書類を捨てる
・机、ロッカーを整頓する
・机、ロッカーを磨くように拭く

これで、月曜日が待ち遠しくなります。
また、あなたの「空き容量」が増えますので、
新規の仕事に取り組み易くなります。

展職とは、あくまでも自分で伸びるものではなく
仕事に伸ばして貰うことです。

迷うことなく、大きな仕事に挑戦してください。
もし、あなたが自然性ならば自分で作って下さい。

そうすれば、次のカテゴリ(【4.店職】)が見えてきます。


<あなたは、いまどのあたりでしょうか>

【1.点職】
【2.転職】 単なる辞職・就職を繰り返す時期
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【3.展職】
【4.店職】 会社で実力を伸ばす時期
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【5.添職】
【6.典職】 実力が会社の内外に行き渡る時期
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【7.天職】
       最終のステップ。迷いが消える時期
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



Nov.21(Fri)21:53 | Trackback(0) | Comment(0) | 7steps for your vocation(天職) | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)