神山大(かみやまだい)の日本政治経済新聞
 
点職→転職→展職→店職→添職→典職→天職
 



Show by --/18/2008

ちょっと、苛立ちますね、、、。

今日はどのあたりかな???

期間雇用者の解雇事案に対しハローワークが
1箇月前倒しで窓口を開くらしい。

いい世の中かだ。

表題に苛立つと記したが、私の仕事の一つが
期間雇用者の契約の確率であった。

派遣労働にするか、直接雇用にするか?

いわゆる偽装派遣の解消だ。

この偽装にかかわっている従業員は、年功者が多い。

確かに、派遣契約の2倍以上の給与が生まれる
仕組みが裏のからくりである。

要は、いい思いをしてきたのだ。

その彼らを「救う」のであれば、もっと救うべき人は
たくさんいる。

マスコミは話題性でニュースソースを決めるが、
決して我々は、100%の真実として受け取っては
いけない。

期間雇用者というものは、期間の終了が決まっている。
その時期が来れば、契約を延長するもしないも当事者次第。

それだけのことだ。

それだけのことなのに、大騒ぎする。

マスコミに、政府に、踊らされないように注意。

自分の目の見える範囲が「事実」なのだから。





年末に向け”本気モード突入”の方、どうぞ


神山大のホームページ
神山大の女性の社会進出を応援するホームページ
神山大のブログ(日本就職活動新聞 2010年度版)



Dec.18(Thu)23:29 | Trackback(0) | Comment(0) | 経 済 | Admin

突拍子もない

今日はどのあたりかな???


最近、「突拍子もない」ことに出会っていない。
テレビのニュースにはその事実はありそうだが、
自分の身の回りに、突拍子もないことが起きていない。

いいことか?  悪いことか?

多分、生活が安定してきたのだろう。
恐らく、リストラはされないし、そこそこ収入はあるし
家族からの信頼もあるので、想定外のことがおきにくい。

想定外のことが起きないと、人間成長しないだろうな。

いつの間にか、失敗しない人生を選んでしまった。

失敗してもいいから、それを梃子(てこ)にして
成功をおさめる人生にしたい。

2008年のうちに何かしよう。
今年もあと2週間か。








年末に向け”本気モード突入”の方、どうぞ


神山大のホームページ
神山大の女性の社会進出を応援するホームページ
神山大のブログ(日本就職活動新聞 2010年度版)



Dec.18(Thu)21:48 | Trackback(0) | Comment(0) | 経 済 | Admin

アメリカさん

今日はどのあたりかな???

ブルータス、お前もか!
アメリカさん、お前もか!

結局、不況対策=金利下げ、なのですね。

これまで日本の金利が低いことを散々揶揄(やゆ)した
方々は、「意見はあるが、具現化する力がない」人々
だったということでしょう。

TVやマスコミの評論なんて所詮、こんなものでしょう。

だからといって、諦めてはいけない。
ここが一番重要。

自分で金利を考えねばならない。
国が行う金利政策ではなく、自分における金利だ。

自分は毎年何%の配当を、自分・家族・地域そして
社会へ還元しているのだろうか?

この言葉に明確に答えられる人だけが、
金利政策を批判できる資格がある人だろう。

(ちなみに、私にその資格はありません。恥)




年末に向け”本気モード突入”の方、どうぞ


神山大のホームページ
神山大の女性の社会進出を応援するホームページ
神山大のブログ(日本就職活動新聞 2010年度版)



Dec.18(Thu)11:33 | Trackback(0) | Comment(0) | 経 済 | Admin

12月も半ばを過ぎ・・・

今日はどのあたりかな???

もうこの時期に解散はないだろう。
サプライズ解散としてもよいが、国民には迷惑な時期だ。

恐らく、6月までの通常国会終了前の3月頃か?
平成21年度予算を通し、公明党が気にかける
都議選の前あたりの時期か?

それとも公明党に配慮せず、都合のいい時に行うか?

まぁ、いつ選挙をしようとも結果はそう動くものでは
ないと思うが、政権の座についている与党としては
1日でも長く居座りたいところだろう。

民主党にとっては、支持率の低い内閣が長く居座るほど
相対的に人気が上がる。

さて、いつごろまでねじれたままの状態を続けるのか?

国民は、恐らくもう白けているので、、、。
いつでもいいのかな。





年末に向け”本気モード突入”の方、どうぞ


神山大のホームページ
神山大の女性の社会進出を応援するホームページ
神山大のブログ(日本就職活動新聞 2010年度版)



Dec.18(Thu)05:19 | Trackback(0) | Comment(0) | 政 治 | Admin


(1/1page)