神山大(かみやまだい)の日本政治経済新聞
 
点職→転職→展職→店職→添職→典職→天職
 



Show by Nov/6/2008

その手があったか。

麻生さんはどうやら「策士」だったのか?

多分、流れが彼に向いてしまったのだろう。
または誰かが上手にシナリオを書いたのだろう。

何がきっかけなのかわからないが、解散へ向けた
マスコミの情報が出なくなった。

2度も3度も選挙「予測」日程がずれることは
彼らにとって「恥」そのものなので、もう出せないだろう。

さて、意図してかそうでないかわからないが、
結局、「兵糧攻め」になってしまっているようだ。

以前、鳥取藩に豊臣秀吉が兵糧攻めした事がある。
ただ単に兵糧攻めしたわけではない。

兵糧攻めをする間に鳥取の米を高く買った。
米市場は上昇し、皆が米を売りに回った。

米倉が空になったところで兵糧攻め。
無血で開城ということになった。
(実際に無血かどうかは不明ですが・・・)

今回の民主党はこれに似ていると思う。

散々、「政権は任せて」と吹聴させ一次公認候補に
お金まで配って・・・。

今は民主党株を徹底的に上げる時期そのものだ。

上がれば下がる。

下がって体力が無くなった時に選挙に出る。

ここからが重要。
自民が勝てば申し分なし。
自民が負けて民主が政権についても、金で切り崩す
ことが出来ればすぐに政権逆転となる。

兵糧攻めに嵌ったら、100%負ける。
これだけは確かだろう。


神山大のホームページ
神山大の女性の社会進出を応援するホームページ
神山大のブログ(日本就職活動新聞 2010年度版)
神山大のブログ(日本政治経済新聞 リアルタイム版)
神山大のブログ(日本政治系座新聞 1箇月版)
神山大のブログ(日本政治系座新聞 四半期期版)
神山大のブログ(日本政治経済新聞 半期版)
神山大のブログ(日本政治経済新聞 1箇年版)
神山大のブログ(日本スポーツ新聞)



Oct.6(Mon)23:18 | Trackback(0) | Comment(0) | 政 治 | Admin

あっ、そうか。

東国原知事が”やはり”出ないそうだ。

数日前は「どちらでも」と思っていたが、
私には確信的に”出ない”ことを演出したように思えてきた。

そもそも、出る気は無し。
では、何故、確信的に画策したか?

今回辞任の中山前国土交通大臣の奥様は「中山恭子」氏。<詳細リンク先>

だから彼女が出れば当確状態。

何故だか知らないが昨日の記事に「横田めぐみさんが
44歳の誕生日」というものがあった。
さて、昨年までこういった記事はあったか?
(誰かが意図的にやっていると推し量るが・・・)

だから東は「出るぞ」と脅し(?)ていたら、納得できる。勿論、脅すフリに過ぎないが。

彼が出れば宮崎1区は東枠で向こう数年は埋まってしまう。
それが民主党の手にでも渡れば・・・。

では、東は何を手に入れたのか?
まさか大臣の椅子は無いだろう。

適当な推測は立つが、ここはしまっていて、
今後の彼の言動にアンテナを張りつつ探求したい。

彼のように政治の駆け引きを表と裏で上手に生きる
ドラマを私は愛する。

実は裏だけ、表だけの勝負は誰も興味を惹かない。

物事には「裏」と「表」が必ず必要。



神山大のホームページ
神山大の女性の社会進出を応援するホームページ
神山大のブログ(日本就職活動新聞 2010年度版)
神山大のブログ(日本政治経済新聞 リアルタイム版)
神山大のブログ(日本政治系座新聞 1箇月版)
神山大のブログ(日本政治系座新聞 四半期期版)
神山大のブログ(日本政治経済新聞 半期版)
神山大のブログ(日本政治経済新聞 1箇年版)
神山大のブログ(日本スポーツ新聞)



Oct.6(Mon)23:09 | Trackback(0) | Comment(0) | 政 治 | Admin

本当に起きる怖い話

年金について、あなたは詳しいと言えますか?

まずは、この記事を読んで欲しい。
><記事リンク先>

税金はほぼ「消費税」という形で毎日接するが、
年金となると受給するまで、給与天引or国保納付という
形でしかかかわらない。

そもそも仕組みがわかっている人も少ないだろうし、
実は、人生のどこでも正しい説明に接する機会は無い。

接するときは、受給者として確定したとき。
原則として受給額は一度決定すると変更はない。
(昨今話題の消えた年金問題等もあるので、
 この原則は的外れかも知れないが)

年金=お年寄り(老齢、退職による給付)という
イメージがあるが、実際は「遺族」と「障がい」の
場合にも、給付対象となる。

「遺族」も「障がい」も、その日は突然やってくる。
だから、給付額も一定の法則で自動的に決まる。

但し、保険料を支払っていなかったら別。
すなわち、「給付なし」ということになる。

政府の方針、見解はいずれも正しい。

それを、「お情け頂戴」から「政府の間違いを糺す」まで作戦は
いろいろあるだろうが、あなたはどう判断しますか?

年金については今後も書きたいと思いますが、
ひとまず年金は「遺族」・「障がい」も支給対象であるので
保険料は当然のことながら支払っておくべきであろう、
と覚えていて頂くと嬉しい。




神山大のホームページ
神山大の女性の社会進出を応援するホームページ
神山大のブログ(日本就職活動新聞 2010年度版)
神山大のブログ(日本政治経済新聞 リアルタイム版)
神山大のブログ(日本政治経済新聞 1箇月版)
神山大のブログ(日本政治経済新聞 四半期期版)
神山大のブログ(日本政治経済新聞 半期版)
神山大のブログ(日本政治経済新聞 1箇年版)
神山大のブログ(日本スポーツ新聞)



Oct.6(Mon)13:32 | Trackback(0) | Comment(0) | 年 金 | Admin

結局のところ、、、金次第?!

解散しないのか・・・。

選挙=お金ではないだろうが、沢山、お金を失った
立候補予定者も多いことだろう。

だが、冷静に考えれば、
「麻生さん、よくぞやってくれた」である。

お金(選挙資金)の有無で政治家を選んでいては
その国の行く末は不安だ。

お金集めが上手な人も必要なことも事実。
だが、全員がお金集めばかりやってもらうのは論外。

さて、選挙資金が無くなれば彼らはどうやって票を
集めるのか?

学校の生徒会と同レベルになる。

そういう選挙もいいと思うが。
当選したときの振舞い酒に、よくぞあれほど集まるものだ。
誰か一人くらい「選挙事務所無し」という選挙手法を
とらないものか。

以前、青島東京都知事がその手法を使った。
そいれでいいじゃないか?

選挙カーの無い選挙。
襷と白手袋の無い選挙。

あなたの潜在意識に訴えかける選挙ではなく、
あなたの健在意識が正しく選んで投票する選挙。

放っておくと、あなたの潜在意識はどんどん侵食されて
しまいますよ。



神山大のホームページ
神山大の女性の社会進出を応援するホームページ
神山大のブログ(日本就職活動新聞 2010年度版)
神山大のブログ(日本政治経済新聞 リアルタイム版)
神山大のブログ(日本政治系座新聞 1箇月版)
神山大のブログ(日本政治系座新聞 四半期期版)
神山大のブログ(日本政治経済新聞 半期版)
神山大のブログ(日本政治経済新聞 1箇年版)
神山大のブログ(日本スポーツ新聞)



Oct.6(Mon)11:19 | Trackback(0) | Comment(0) | 政 治 | Admin


(1/1page)